数多くある禁煙方法とは
数多くある禁煙方法とは

禁煙治療と天然素材の摂取で平均寿命を超えて長生き

このエントリーをはてなブックマークに追加

入院イメージ健康的な肉体で寿命をまっとうしたいなら、やはり禁煙は大切です。
元々タバコを吸っていない人と普段から喫煙を行っている人を比較すると、約10年程、寿命が変わります。
当然、喫煙をしていない人々の方がプラス約10年、有意義に人生を過ごせます。
またタバコを常用する人々は、その中に含まれている発がん性のリスクを常に受ける事になります。

有り体に言えばタバコはがんの発生率を上げてしまう悪しき習慣です。禁煙しなければ、老後になってから病院通いの日々になったり、人生の後半が入院生活になるかもしれません。
ヘビースモーカー体質な方々は、例外が一定あるものの、平均寿命よりも長生きする事が困難です。

タバコを普段から頻繁に吸っている方は、既にニコチン依存症になっている恐れが高いため、
努力や根性だけでなく、医療機関による適切なサポートを受けるべきです。禁煙外来を設ける医療機関に行けば、専門医による的確なアドバイスと原因究明のカウンセリングが受けられます。
また事態によっては禁煙治療薬の処方も受けられますので、辛い状態の時は素直に専門医の力を借りるべきです。

また平均寿命を超えて長生きするためには、禁煙に加えて食生活の改善も重要でしょう。いわゆる天然素材の食材を普段から食べている方々は、高齢になっても活き活きと暮らしています。都会の高齢者に比べて、郊外で暮らす高齢者の方が活動的です。その背景には天然素材の食材の摂取があります。

天然の素材である緑黄色野菜や魚介類、根菜類、穀物類を意識に食べましょう。ジャンクフードはあくまで嗜好品として割り切り、普段の食事には産地直送の野菜や魚を可能な限り加えましょう。
海外産の安価な食材も便利ですが、健康を意識するなら地元で取れた無農薬野菜の方が良いです。