数多くある禁煙方法とは
数多くある禁煙方法とは

禁煙の年数によって病気へのリスクが減る

このエントリーをはてなブックマークに追加

禁煙の年数によって、体内の病気へのリスクは減少すると言われています。喫煙者が禁煙をして、5年から9年後には、肺がんのリスクは低下すると言われていているのです。病気罹患リスクはタバコを吸わない人と、同じくらいの確率に喫煙者がなるには、禁煙をしてから10年から15年は必要であるとされています。

肺のレントゲン長生きを目指すときには、健康寿命を目指しましょう。若い頃からタバコを吸っていたとしても、思い切って禁煙をするのに、遅すぎということはないのです。タバコをやめてみると、まずは24時間以内にあるのが心臓発作を引き起こす危険性が低下するということです。さらにタバコを吸わない生活を1年も経過すると、徐々に肺機能が改善へと向かいます。さらに頑張って5年以上も経過すると、タバコで心配になる肺がんのリスクまでも低下するようになります。

タバコをやめることによって、ゆっくりと健康な身体を取り戻すことになるのです。タバコを吸うことで煙が出ますが、これが健康に良くないことは誰でも認識としてあるものです。タバコの害を連想するのは、肺がんというのがトップでしょう。呼吸器に関連した病気が、タバコの害とイメージしやすいです。狭心症や心筋梗塞などの、がんや虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患などは、多くな影響を受けます。

タバコを吸うことで出てくる煙は多くの有害物質を含みます。タールやニコチンなどの有害物質はDNAに傷をつけますし、活性酸素をつくったり、細胞の炎症のもとにもなります。こうして全身の健康状態に悪影響を与えて、健康だった身体を病気にさせてしまうのです。
ですが禁煙をスタートさせることで、体内の健康はゆっくりと良い方向へと向かうことになります。