数多くある禁煙方法とは

数多くある禁煙方法とは

禁煙方法について調べてみた

禁煙方法はたくさんあります。個人で取り組むという人で最も多いのは、我慢による禁煙法です。とにかく吸いたい気持ちを根性で押さえつけるやり方で、その間は吸いたい欲求との戦いになりますが、たいていの人は「1本だけ」という誘惑に勝てずにまた元の状態に戻ってしまいます。

他にはニコチンを含んだパッチを貼る、ガムを噛む、電子タバコで吸った気分にさせるなどの方法があります。これらの方法もニコチン切れによるストレスを緩和させたり、喫煙常習者には有効な場合もありますが、結局はニコチンを体に取り込んでしまうという健康上への問題やお金がかかるというデメリットがあります。
本格的な方法では、禁煙外来を受診する方法があり、これが最も成功率が高いやり方です。
1990年代から増加してきた診療科で、以前までは自由診療でしたが2006年からは保険診療が一部で認められるようになっています。一定の基準を満たす喫煙者に対して、禁煙治療は保険が適用されます。ここでは強力な効果を持つ禁煙補助薬を処方してもらうことができます。脳のニコチン受容体に薬の有効成分が先回りして結びつき、あとから入ってきたニコチンが結合できなくさせます。するとタバコを吸っても(ニコチンを取り込んでも)美味しく感じなくなるので、タバコを自然にやめられるようになります。

読書

その他、禁煙セラピーなど本を読んだり、グループセッションに参加してセラピーを受ける方法があります。
やり方には向き不向きがありますし、依存症であるかないかという症状のレベルによっても適した禁煙方法は変わってきます。
まずは自分がどの程度依存しているかなどを調べるためにも一度禁煙外来を受診した方が良いでしょう。

チャンピックスで簡単に禁煙

禁煙にはいろいろな方法があります。例えば禁煙グッズや禁煙ガムなどですが、それらの多くはタバコと同じようにニコチンを含んでいるという特徴があります。それらをタバコが吸いたくなった時の代用にすれば、その分タバコの量を減らしたりやめたりできるというわけですが、やはりニコチンが入っている以上完全にタバコと縁を切ることは難しいです。

チャンピックス

それに対して簡単且つ高い確率で禁煙できるのがチャンピックスという医薬品です。チャンピックスは1回に1錠とか2錠とかの決められた数の薬を定期的に飲んでいくだけですので、とにかく簡単です、飲み始めの1週間は無理にタバコを完全にやめてしまっている必要はなく、吸いたくなったら吸っても良いのです。それでやめていけるのかと思ってしまいますが、定期的にチャンピックスを飲むことによって、既定の12週間後にはタバコを飲みたくなくなっています。
それにはきちんとした医学的な理由があります。チャンピックスを飲むと脳まで成分が届きます。脳にはニコチン受容体というものがありますが、チャンピックスにはニコチンが含まれていないにもかかわらず、それと結びつきます。タバコを吸った時も同じようにニコチンがニコチン受容体と結び合い、ドーパミンが出て良い気分になり満足感がわきます。
それで次々とタバコを吸いたくなるわけですが、それと同じ働きがチャンピックスにもあり、これを飲むとニコチン受容体を先に占めてしまい、ドーパミンも出ます。するともうニコチンは欲しなくなり、もしタバコを吸ってみてもおいしいと感じなくなります。
つまりチャンピックスを飲むだけで簡単に禁煙することができるわけです。病院の禁煙外来で治療を受ければ、保険でチャンピックスを服用することができます。今まで他の方法で禁煙できなかった人はチャンピックスを試すべきです。

ニコレットならではの禁煙方法

ニコレット

チャンピックス以外にはニコレットなどの禁煙治療薬を使った禁煙法もあります
ニコレットが禁煙に役立つ理由は離脱症状を軽減させることができるからです。タバコを吸いたくなる理由はニコチン依存症になっているからですが、依存状態でニコチンが不足するとまず離脱症状が起こります。時には辛い眠気、イライラ、集中力の低下、鬱状態などの様々な症状が発生することがありますが、こうした症状が起こることでタバコを吸いたい気持ちが強くなってしまうのです。

そのような時にもニコレットを噛むことで症状を和らげることができます。ニコレットにニコチンが少量含まれていますので、ニコチン切れによる離脱症状を抑える為にも有効なのです。ニコチンを配合している為、ニコチンに頼っていることには違いありませんが、しかし徐々に噛む量を減らしていくことになりますので次第に完全にニコチンから抜け出すことができるのです。

ニコレットならではのメリットとして今までタバコをくわえていた分の口寂しさを軽減できるという点も挙げられます。タバコが止め難いのは心理的に依存しているのも理由とされていますが、それゆえにタバコを吸えないと精神的に寂しい気持ちになりますし、その精神的な飢えを満たす為にもタバコを求める気持ちが強くなってしまうのです。そうした時にも有用なのがニコレットです。ガムですので気持ちを紛らわせることができ、吸いたい気持ちを堪える為にも役立ってくれます。
ただし、普通のガムのように噛むものではありませんので注意しましょう。普通のチューインガムのようにずっと噛んでいるとニコチンが出過ぎてしまいます。そしてニコチンを唾液と共に多く飲んでしまうと喉が痛くなったり、具合が悪くなるといった不調が起こることもあります。正しく噛まないと効果が低くなりますので使い方を誤らないように要注意です。